中央リテールの審査について

中央リテールの審査には、仮審査と本審査があります。
仮審査はホームページから申し込むことができ、基本24時間いつでも申し込めます。

仮審査の内容は、現在の仕事や年収、他社の借り入れ状況、借家なのか持家など、一般的な金融会社の審査と同様の内容を記載し、申請することになります。

審査結果は翌日までには分かるようで、迅速な審査がうれしいですね。
銀行のおまとめローンの場合は、早くても1週間程度はかかるため、本当に遅いんです。

経験された方はわかると思いますが、遅いうえに審査は厳しいので、散々待たされたあげくに審査落ちなんていうことが普通にあります。

審査に落ちる自分が悪いのはわかりますが、せめて、もう少し早く教えてほしいものです。

本審査は?

仮審査に通った場合は、借入金額や借入期間、返済日や毎月の返済額を決めることになります。
電話か来店で担当者と話し、無理のない範囲で決められていきます。

その上で必要書類を出し、本審査となります。

仮審査が通ればほぼ間違いなく審査に落ちる事はありませんが、例外はあります。
それは、虚偽の申告です。

例えば年収や勤務先、勤続年数などです。

ばれないだろうと仮審査の際に嘘を書いていると、本審査の際の所得照明や源泉徴収票など、提出書類で嘘がばれてしまいます。
本審査の時点でこれがバレてしますと、間違いなく審査落ちするので注意してください。

特に年収は融資額の決定に非常に重要です。
そのため、嘘をついていることが分かると審査対象者の心証が非常に悪くなるんです。

ごまかすということは、返済も遅れる可能性があるとみられるんです。


審査に落ちたら

もし審査に落ちてしまったら、残念ながら再度受けても落ちる可能性のほうがはるかに高いです。

審査落ちの原因が書類の不備や勘違いなどでしたら、再度しっかり審査を受ければ通る可能性はあります。
しかし、それ以外の信用情報だったり収入不足だったりする場合は、残念ながら望みは薄いです。

そもそも審査落ちする理由が分かればいいのですが、その理由は明かされない場合がほとんどです
審査の内容は社内秘になっており、審査内容の露呈につながるため、教えてはもらえません。

書類の不備などは教えてもらえますが、収入の面などはまず教えてもらえません。
そのため、審査落ちした場合は自分で分かる範囲で調べるほかありません。

ただ、必要だから審査を受けられてると思うので、どうしてもおまとめローンを組みたい方は、他の金融機関で審査を申し込んでみることをおすすめします。

おまとめローンを扱っている会社は結構あるので、他社なら通る可能性を信じ、審査を受けてみてください。
ただ、複数社を同時に申し込むと信用情報機関に分かり、審査時にマイナスになってしまうので、1社ずつが基本となります。